スナック&コンパニオン派遣会社 ミス・ソワールのブログです。mitanママの青年会議所活動、JCの出向制度を活用した経験談、お仕事、旅行やグルメなど更新していきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は長崎にいく途中であった出来事の話の途中になってしまっていました

バスが来なくて、タクシーに乗って下さいと言われて、そのタクシーでのお話をちょっとだけ。

一般市民として、熊本県民として、ちょっと許せないような出来事だと思います。

その親子はそのバス会社が時間通りに運行していない事はしょっちゅうあることだ、とおっしゃっていました。
元々その親子の利用するバス路線では、一日に10本も通っていないような、ローカル路線で、私も実は高校生時代(20年近く前なんですけどね)利用していました。

その間に様変わりしている路線であったため、カルチャーショックを受けました。


なぜ、色んな機関を利用して、こういう現状を告知しないのか?と聞いたところ、
そういう機関を知らないということと、新聞などの媒体を利用して掲載依頼をしても、掲載されないということでした。

名前も知らないその親子は、まだまだ続けます。

私達の乗ったタクシーもたまたまそのバス会社と以前は共同会社だった同じ屋号のタクシー会社でありましたが、今ではどこか大きな会社が吸収していると聞きました。

そのタクシーの運転手さん(とっても親切でした)と親子はバスの運転手さんに関する横暴ぶりを話ます。


時には、停留所から少しはずれた所にいた車いすの乗客を乗せなかったこと。

時には、横断歩道を渡っているお年寄り、点滅信号になっても半分しか渡ることができずにいたら、バスは大きなクラクションを鳴らして、さも早く渡れと言わんばかりの行動であったこと。

他にも色々と話は聞きましたけど、やっぱりひどいな~って思ったのはその2つ。


驚愕の事実を聞かされた私は、日頃電車通勤なので、ちょっとした運転の荒さに疑問を持っていたりしていた程度だったんだけど、もぉ、まぢで、びっくりです。

ぁたしが思っているような公共機関とはかけ離れていました。
これでは、公共機関を使ってエコの為に通勤・通学してくださいなんて言っても、まかり通らないなんじゃないか、って思う。

運行時間の見直し、無理な時間や関係のない時間の運行、他にも色々と聞きました。

熊本自体の交通の不便さも浮き彫りな話なんですが、
熊本港からの運行計画にも不備が多いと、そのタクシーには聞きました。


うん、今回はまだ長崎の話まで辿り着いていないですね。
長くなったんで一休みです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
バスの運転手だけが横暴なのでしょうか
1~2ヶ月まえのミクシィのニュースで長崎バスの乗車拒否の記事がありました
僕の日記から追えると思います
全てのバスが車椅子が乗車できる設備を持っている訳ではありませんし、車内の乗車状況はどうだったのでしょうか
また、バスの乗降場所は道交法によって定められていますので、バス停からどのくらい離れて待っていて、乗車の意思表示はどうだったのでしょうか
今回の長崎行きで、40分もの間バスが来ない事、それにもかかわらず、さも定刻に発車しているかのごとく返答した職員が居たのは事実です
この事はとんでもない対応だと感じます
でも、車内に立っている人達に負担がかからないように気を配りながらハンドルを握っている運転手もいるんです
皆がバスを利用すれば、バス路線の数もバスの本数も増え、代わりに乗用車からの排ガスも少なくなり、温暖化も防止できてエコにつながります
しかし悪循環が重なり自治体からの補助金だけでは赤字路線を抱えることはできないんです
mitan mamaに刃向うつもりではないのですが、できれば帰りに乗車したバスの運転手の感想も聞かせてください
2008/10/28(火) 19:31 | URL | ジェントル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://missso.blog17.fc2.com/tb.php/961-b59caabd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。